和み日記

マシンのメーカーさんすみません

今日は反省の一日でした。いつもであれば受講生のマシンは朝8時過ぎには起動しておくのですが、今日はうっかりして9時過ぎて起動(講座は9:30に開始)。Windows10は時間がかかるのにと思ってイライラしていたところ、つい最近購入したWin10のマシンがロゴを表示した後、画面真っ黒のまま。数分たっても変わらずなので、待ちきれず強制終了、そして再起動。これを3回程度繰り返してしまいました。「購入してまだ1ヶ月ちょっとなのに」とマシンのメーカーにいら立ちを感じながら、マシンの病院送りも覚悟しました。幸い、受講生の方には振り替えのマシンで対応がとれてよかったですが、サポートに電話して修理手配のことや、その後の再設定を考えるとガックリです。そんな思いの中、講座終了後、もう一度だけ起動してみようと電源をいれると相変わらずロゴが表示されて真っ黒の画面になります。しかし、何故かその時「ついこの間Windowsの更新があったよな」と思ったのです。もしかしたらWinの調整で時間がかかっているのではと、マシンに耳を近づけるとカリカリ音が続いています。「このまましばらく様子を見よう」と放っておくこと5~6分、パスワード入力の画面に、そしてまた真っ黒画面で2~3分、その後みごとに正常に起動されました。サポートに電話しなくてよかった!!

いつもでしたら最初の段階で放っておくのですが、講座でこのマシンを使わないといけないという気持ちが、早くしないとという焦りに繋がった典型的な失敗です。

心にゆとりがあれば、いろいろ思いついたり考えがめぐります。何事もしっかり準備、余裕をもった行動が必要だという教訓を実感する体験でした。マシンのメーカーさん、疑ってすみませんでした。何事もなく、本当によかったです。